山梨大學

中國?杭州電子科技大學からマスク5000枚が寄贈されました

2020年4月6日 トピックス

 新型コロナウイルス感染拡大が深刻化し世界的にマスクが不足する中、本學の大學間交流協定校である中國?杭州電子科技大學からマスクが寄贈されました。1パッケージにつき郵送できるのが100枚までという制限があるため、計5,000枚のマスクを100枚ずつ丁寧に包み、數十名の教職員が手分けして送り出してくださっており、3月31日(火)までに計32パッケージ、3200枚が屆いています。

 各パッケージには「紅白櫻花爛漫開、盈盈一水送春來」という歌が添えられていました。これは、中國の著名な書道家である林 散之 氏 が1975年に日本書道訪中団のために特別に書いた「中日友誼詩」の中に出てくる一節です。「盈盈一水」はもともと牽牛(彥星)と織女(織姫)の七夕伝説を由來とする言葉で、天の河で隔てられているために、見つめるだけで會話することが出來ない切なさを意味しています。

 同大とは、2008年に大學間交流協定を締結しており、これまで100名以上の學生相互派遣を行っているほか、2018年からは、両大學で修士學位を取得できる修士課程ダブルディグリープログラムを実施していますが、今年は毎年3月に行っている同大への學生派遣と7月に予定している留學生の受け入れを中止することとなりました。

 今回のマスクの寄贈には、「紅白の桜が満開となる今、両大學は新型コロナウイルスにより分斷されているが、これを乗り越えた暁には、きっと真の美しい春がそこにある」という願いが込められています。

久久影院-国产久久亚洲美女久久